吉祥寺北町二丁目galleryナベサン年忘れ「奥多摩で育てた わさび展」&正月飾り販売

わさびは小300円〜500円、大700〜1000円
正月飾りは各1000円です。素朴な味わいの正月飾りです。
皆様、新年を本わさびと注連飾りでどうぞお迎えください。

大塚勉写真展 in ベルリン

BCCの一斉送信にて失礼いたします。来年1月8日から行うベルリンで行う写真展のお知らせです。
2011年〜2016年までの福島、東京、浦安などの写真で作品数は大、小、合わせて80点です。
Webページの最初の写真は津波で壊れた堤防、背後には東電広野火力発電所があります。撮影は先月、福島県楢葉町。
次は父が戦前、呉の写真館で撮影した写真、鮮明ではないですが背景は津波で流された記念写真。
金色に見えるのは、バライタ印画紙の銀塩を「泥」で処理し写真が時間の経過で銀化して行く過程を意図的に作った写真で、「記憶」と「物」としての印画紙などを表しています。
大塚勉

FUKUSHIMA 2011-2017

Photo exhibition of Tsutomu Otsuka

With Sound exhibition

Four variations based on FUKUSHIMA 2011-2017

2017 Jan. 8. (Sun)
Jan. 15 (Sun)
Jan. 22 (Sun)
Jan. 29 (Sun)

Tsutomu Otsuka is creating works of human skin. He started from female nude and now engaged in the work cooled “Trans Body”. It is structured in the montage from. The subject uses the hermaphrodite. It is selected from the dark room and the pieces of man and woman are jointed under the principal of male and female. Those hermaphrodites wondered in the dark room, reaching the infinity. Like the unfinished original ectoplasms, they look like swaying weightless between the projections of supersonic wave fault and constellations. Reflecting the blood flow, which crosses heart, these bodies bear blue marks. This mark symbolizes another standard of separation. In the world of mankind, axis of man and woman crosses the axis of the small space and the giant universe. That is because, for him, the hermaphrodite is the subject of a search of a, bivalent values and also the problem for the measurement. “Trans Body”by STEFAN LEVY KUNZ

Tohoku earthquake and tsunami were happen in 2011 March 11th.
I was starting my photos series about FUKUSHIMA after that.
15,891 deaths have been confirmed by this disaster.
Oddly strangely, rescue party the rescue parties were searching to victim, gradually they also starting looking for photograph buried by flood damage.
Those were memory of lost families and proof of missing lives.
And those pictures had been metamorphosed by chemical reaction in the mud.
Especially, they fascinated me, because I already have interest in chemical change of emulsion of printed photo paper by mud since 1992.
I tried to many empirical how to change in quality pictures in the mud, swamp.
That’s why; I cannot overlook those photos those are rescued from the disaster.
Those emulsions are exfoliated and changed in appearance.
Even if, they were lost their family, I could accept strong memory that kept.

About my landscape in FUKUSHIMA;
Nuclear accidents of FUKUSHIMA has made graved pollute and zone.
The situation of pollution has not changed anything still now. Even thought although forest, fields, dwelling, lake, marshy and mud.
Landscape where everything is with radioactive material, then nothing changes.
I was entered this zone since 2014. I took landscape without human being. I just took branches, leaves, earth are totally contaminated.

FUKUSHIMA by Tsutomu Otsuka

About Sound exhibition

Four the variations music based on FUKUSHIMA 2011-2017 for each sunday during in Jan 2017.

Musicians for the sound of FUKUSHIMA

Daniel Menche

Rudolf Eb.er

ILIOS

Hiroshi Hasegawa

Keiko Higuchi

Tetsuo Furudate

ohrenhoch
der Geräuschladen
Weichselstr. 49
D-12045 Berlin-Neukölln
Knut Remond Katharina Moos
http://www.ohrenhoch.org
http://www.ohrenhoch.berlin
E-mail: info

Hörgalerie jeden Sonntag 14 – 21 Uhr
Soundgallery every Sunday 2 pm – 9 pm
Anfahrt / Public transport: U7 Rathaus Neukölln, U8 He

読売のウェブで「新宿ゴールデン街物語」の紹介を小坂剛さんが書 いてくれました。

『新宿ゴールデン街物語』(渡辺英綱)…発刊から30年目の文庫化

2016年12月21日 17時13分

  •  新宿ゴールデン街に24歳で居酒屋「ナベサン」を構え、30年以上にわたって作家や詩人、編集者らと交流を結んだ著者が、街の来歴と情景を描いた。 居酒屋に漂う店主と客のぬくもりを凝縮させたルポルタージュが世に出たのは1986年。著者は2003年に亡くなり、発刊から30年を経ての文庫化。時代に翻弄されながらも時を超えて変わらない街の本質を描いた著作として、長く読み継がれてきた。

 文化人や知識人が夜な夜な激しい議論を戦わせるディープな飲み屋街。そんなイメージが世に広まったのは、この街で飲み歩いていた作家の佐木隆三が『復讐するは我にあり』で直木賞を受賞した1976年だという。

 新宿には文化人や芸能人が集まる飲み屋が多くあり、著者も作家 の長谷川四郎氏や紀伊国屋書店社長の田辺茂一氏の後ろ盾を得て店を開いた。飲み屋が文化の担い手だった時代。本書には、著者が街で出会った作家、詩人、評 論家、映画、演劇関係者の名前が記され、当時の雰囲気を今に伝えている。

  • 故渡辺英綱氏(渡辺ナオさん提供) 故渡辺英綱氏(渡辺ナオさん提供)
  • 現在のゴールデン街 現在のゴールデン街

 (映画)大島渚、今村昌平、山田洋次……(演劇)唐十郎、蜷川幸雄……(作家)長谷川四郎、野間宏、埴谷雄高……。

 著名な文化人ばかりでない。窮屈な学校や会社と一線を画する解放区には、社会を変えたいと学生運動に身を投じ、挫折した若者も集まった。著者の渡辺英綱(ひでつな)氏は、客に本気で対峙(たいじ)した人物だったという。

 「何だそのグラスの持ち方は」「そのしゃべり方は気に入らない」と時に声を荒らげた。怒られるからと、店に来る途中、タクシーの中でアクセサリーを外す若い女性もいた。酒場は、酒の飲み方、生き方を教える学校でもあった。

 多彩な顔ぶれの客が交流することで、新しいものを生み出していく根源的なエネルギーが、新宿という街にはあると著者はいう。甲州街道の宿場町だった江戸期から歓楽街として、多くの人々の欲望を呑み込んできた。

 時代を経て街も変わる。バブル期には地上げ屋が横行し、崩壊後は客足が遠のいたが、近年は外国人観光客が訪れる観光スポットとなった。

 文庫化にあたって、著者の妻で現在の「ナベサン」店主・ナオさんは寄せた解説で、日本語を理解しない外国人観光客の増加にふれて、次のように書いている。

 「人間関係の蓄積がなければ、文化は生まれないんじゃないか」「飲んでもらって会話もせず、お金をもらう『商売』が私にはできない」

 変わる街の変わらない店のたたずまい。そこに、時代を超えて受け継がれてきた飲み屋の精神が息づいている。(講談社、定価860円=税別)

(メディア局編集部 小坂剛)

http://www.yomiuri.co.jp/life/book/news/20161221-OYT8T50122.html

12月11日(日)第8回 三七郎の会 ひとり芝居 「雨のうた 」 主演 よこやまよしひろ 綜合藝術茶房 喫茶茶会記 於

12月11日(日)第8回 三七郎の会 ひとり芝居 「雨のうた 」 主演 よこやまよしひろ 綜合藝術茶房 喫茶茶会記 於

脚本  渡辺ナオ
演出  シオバラノリマサ
演出補 大端みや乃
音楽  杵屋三七郎

音楽 踊り ハナゾノ社中

完全予約制なので、前売りチケットナベサンにて発売中!!2500円
問合せ 酒場ナベサン 03−3208−0627  080−5931−8623
客席に限りがあります。ご予約はお早めに。


1211 37

12月27日(火) 19:00~(投げ銭) 「バグパ イプと女性VOで年忘れライブ」in ナベサン

「バグパイプと女性VOで年忘れライブ」inナベサン

12月27日(火)

19:00〜(投げ銭)

Lico(vo)

シュトカプー4: 高橋裕(g) 岩原大輔(パーカッション) 近藤治夫(バグパイプ、ほか) 赤羽美希(鍵盤ハーモニカ)

皆様のお越しをお待ちしております。