第1回 響文社リテラシーウイークリー

第1回 響文社 リテラシー ウイークリー
2018年5月24日~31日 朝11時から夜8時まで、毎日オープン。  

       場所:東京都武蔵野市吉祥寺北町2丁目2-22

       ギャラリー ナベサン

https://gallerynabesan.wordpress.com/

この響文社 リテラシー ウイークリーは響文社の著者と他分野で活躍する方々が、2時間徹底討論をし、関心事の核心に迫ります!!
著者、対談者の新刊、既刊に関わらず書籍を販売します。サイン会も行います。また著者、対談者のサイン入り蔵書を、トークイベントの記念として販売します。
皆さま、ご参加をお待ちしております。

第1目の目玉は『3グループのトーク イベント開催と著者新刊発売』
1 5月26日(3時~5時)
矢崎秀行(「つげ義春『ねじ式』のヒミツ」の著者)×菊井崇史(詩人・評論家)
テーマ 『つげ義春『ねじ式』のヒミツ』

2 5月27日(3時~5時)

添田 馨(『非=戦(非族)』の著者)×宮尾節子(詩人)
テーマ 『闘ってるか!!』詩人による“ぶっ飛び!”トークを開催します。

3 5月27日(5時~7時)
宗近真一郎(『リップヴァンウインクルの詩学』の著者)×藤原安紀子(詩人)
テーマ 『詩と批評、わたしたちは応答する』

参加者が自由にフライヤーを作成しました。ご参考ください。

1番目は5月26日  3時から5時
矢崎秀行×菊井崇史

広告