ナベサン句会6月句会報


スクリーンショット(2016-08-06 16.37.03)

遅くなりました。6月の句会報です。

広告

7月17日(日)「Galleryナベサン」吉祥寺北町2丁目にオ ープン!!

「Galleryナベサン」プレオープン企画

「Tシャツ展」

(皆様の手作りTシャツ、又はタンスの肥やしのTシャツを持ち寄りましょう。)

2階は写真の暗室で、プロ使用の引き延ばし機などもあり、借りたい方に安くお貸ししてくれます。
1階はギャラリー仕様で、6畳あり、こちらも安くお貸しします。借りたい方はご連絡ください。

場所 〒180-0001 武蔵野市吉祥寺北町2-2-22-2号室

写真グループ展 「贅沢な床 vol.9」

zeitakunayuka_omotezeitakunayuka_ura

写真展「贅沢な床」のサイト

2016年8月16日(火)~24日(水)
会場:アイデム フォトギャラリー「シリウス」
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
TEL:03-3350-1211

東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車
1:新宿方面出口 徒歩2分
2:大木戸門方面出口 徒歩2分
3:新宿一丁目方面出口 徒歩2分(エレベーターあり)

甲斐扶佐義 写真展

IMG_3817

「追憶のほんやら洞」出版記念 甲斐扶佐義 写真展

2016.6/19(Sun.)~6/30(Thur.)
場所:イレギュラー・リズム・アサイラム
160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302(地図
[Phone] 03-3352-6916
[E-mail] info@ira.tokyo
[Web] ira.tokyo
[Blog] irregularrhythmasylum.blogspot.com/
Open 13:00 – 20:00(月・水曜除く)

6月19日(日)17時〜
オープニング・パーティー
cl map

ha(古堅はるみ)個展ご案内

haEXHIBITION

ha(harumi hurugen)
“PARTS”展
http://ha-hanging.blogspot.jp/

at:MANHOODgallery
date:2016.6.17(fri)〜6.19(SUN)

12:00〜20:30(tue〜fri)
11:00〜19:30(sat.sun.hol)
holiday(mon)01.Jun.2016

6月17日18日19日 個展開催中

場所
東京メトロ表参道駅下車(A4出口より徒歩約7分)
A4出口を地上に上がり、左方向へ直進、2つ目の信号(右手にPRADA)を左折し、
3つ目の曲がり角を左折(角に酒屋)し1つ目の曲がり角を左折、
突き当たりを右折し左手に白い3階建ビルのB1階になります。
〒107-0062 東京都港区南青山3-10-12 B1F
B1F.3-10-12.Minamiaoyama.Minato-ku.Tokyo.107-0061.Japan
TEL : 03.6432.9775
Fax : 03.6432.9776
OPEN : 12:00-21:00 / 11:00-20:00 (Sat, Sun & Holiday)
Close : Mon

三七郎の会

37ro_1 37ro_7

イベントの詳細はコチラ

第5回 7月 1日(金)
午後 7 時30開演
深沢七郎 作  楢山節考
演出 美田健次
ゲスト 坪井美香(俳優)

場所 綜合藝術茶房喫茶茶会記
〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
茶会記は 15:00~OPEN TEL: 03-3351-7904

各回料金 2500円(1ドリンク付き)

漫画烈伝 ガロとその時代 第12回スズキオージの宇宙

漫画烈伝 漫画烈伝

*******

今回は70年代『ガロ』『夜行』を主戦場に漫画表現の極北に挑み「スズキオージコスモス」とでも呼ぶべき独自の小宇宙を力ずくで造型した工作者・鈴木翁ニ。そして「マッチ一本の話」「こくう物語」の演劇化によって、光と影で描出され平面で構成された翁二二次元的表現をパノラマ化し郷愁と憧れがない混ざったぴかぴかの色彩に染め上た同伴者、少年王者館主宰・天野天街。作者とその最高の理解者二人をゲストに迎え、初代『ガロ』『夜行』編集長・高野慎三が鋭く斬り込む、明星みたいにキラキラ光る鈴木翁二宇宙の底なし魅力のヒミツに迫る試みです。

*******

【日時】
7月9日(土)
13半開場 14時開始

【場所】
渋谷区勤労福祉会館
※渋谷区勤労福祉会館は、JR山手線渋谷駅から徒歩8分。公園通りをNHK方面へ、渋谷パルコPart2の筋向い。

【会費】
1500円

【ゲスト】
●鈴木翁二…1949年、愛知県生まれ。漫画家。1969年、『ガロ』にデビュー作「庄助あたりで」を発表。著書に『工作者の散歩道』『オートバイ少女』『マッチ一本の話』『東京グッドバイ』等、アルバムに『未明の歌』がある。現在、北海道浦河町に在住。
●天野天街…1960年、愛知県生まれ。劇作家、演出家。1982年少年王者舘旗揚げ。1994年短編映画『トワイライツ』を監督、オーバーハウゼン国際短編映画祭グランプリ、メルボルン国際映画祭グランプリ受賞。舞台に『思い出し未来』『ハニカム狂』『累』『真夜中の弥次さん喜多さん』等、著書に『くだんの件』『平太郎化物日記』『天野天街萬華鏡』『つげ義春「必殺するめ固め」映画用絵コンテ』『夢+夜』等、アルバムジャケットに坂本弘道『零式』がある。現在、名古屋を拠点に活動。
◎聞き手:高野慎三(北冬書房/漫画・映画評論)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

漫画列伝とは…本会は60-70年代、月刊漫画誌『ガロ』の黄金時代を築いた高野慎三=権藤晋さんのお話を中心に同誌に集った作家、批評家の証言を交えながら『ガロ』が担った役割を検証し現在の可能性を探る会です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

主催:漫画烈伝
協力:オフノート、北冬書房
問い合わせ:漫画烈伝事務局(mangaretuden@gmail.com